不動産の購入の方法について

不動産を購入する際には、不動産そのものを購入する費用のほかに、様々な費用が必要です。


一般的に不動産の場合、諸経費込という販売の仕方はないため、様々な費用は別途用意する必要があります。

実はこのことをあまり理解している人が少なく、実際の契約の段階で慌てる人も少なくないものです。
まずは、不動産会社の仲介手数料です。

NAVERまとめに関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

これは法律で決められており、200万以下の場合には価格の5%、200万を超え400万までの場合には価格の4%、400万を超える場合には価格の3%というのが基本です。
また、売買契約に伴う印紙税を支払う必要があります。



これは契約書に記載される金額により異なります。

そして、所有権移転に伴う登記費用です。


但しこの金額は実際の購入金額ではなく、固定資産税の算定基準となる評価額に基づき算定される金額なので要注意です。

知って納得の八王子の不動産情報選びをサポートするサイトです。

また、そのほかにもローンを組む場合のローンの手数料や費用、固定資産税の日割り分などが諸経費として掛かります。


これらが購入金額に対し加算されるので、実際の金額は購入金額に対し大幅に増加することになります。
この点を十分意識せず購入金額だけを考慮してローンを組んだり、資金計画を立てたりすると資金計画を大きく見誤ることになりかねません。

その為、不動産を購入する場合にはこれらの諸経費がかかることを見越して、余裕を持った資金計画を立てることが必要です。

また、当然諸経費は分割払いなどは適用できないので、手続きの際には現金で用意する必要があります。